ゴミ屋敷

深刻な社会問題であるゴミ屋敷について大阪を中心に解説

● SITE MAP ●

ごみ屋敷の原因の一つ

ごみ屋敷に暮らしている住人には、溜め込み症候群という精神疾患にかかっている場合があります。主に、ものを過剰に集める、整理整頓ができない、ものを捨てることができななどの症状があるといわれています。
整理整頓できないことから、想像通りごみ屋敷になってしまい住人自身も生活しにくいにも関わらずなかなか、片付けられないのはそのためだといわれています。これは、れっきとした心の病でうつ病や統合失調症、摂食障害などと同じ精神疾患だといわれています。
趣味でコレクションや収集している人は、集めているものが何であろうが収集している本人にとっては宝物になり、苦痛を感じません。むしろ、幸福感を感じることでしょう。しかし、自分のキャパシティを越えて管理できないほど集めてしまい、他人に迷惑をかけてしまうようになると溜め込み症候群かもしれません。
溜め込み症候群の原因として考えられるのが、子供の時にした剥奪体験だといわれています。例えば、片付けしなかったためにおもちゃを捨てられてしまったりが剥奪体験になります。なので、単に行政代執行で強制的にごみを撤去してもまた、住人はどこからともなくゴミを集めてくる可能性が高いです。住人のメンタルケアも同時に行うことが重要になってくると思います。

● CHOICE ●

ごみ屋敷の原因の一つ

ごみ屋敷に暮らしている住人には、溜め込み症候群という精神疾患にかかっている場合があります。主に、ものを過剰に集める、整理整頓ができない、ものを捨てることができななどの症状があるといわれています。整理整頓できないことから、想像通りごみ屋敷になってしまい住人自身も生活しにくいにも関わらずな…

▶ READ MORE...

TOP